記事一覧

体調崩してたりなことについて

製作過程とか公開してるほうの写メ日記(という言葉はもはや死語かもしれない)に書いてた内容をまるっとこっちに書き直してるだけです。
かなりプライベートなことなのと、隠してるつもりではないとか隠す気じゃなくなったような気もするけどそんなに大声で主張するようなことでもないので、改行しまくった後につらつら書いてます。
コスプレとか全く関係ない私自身のことなのでどこかからふらっと来た方が見て、それで何となく心のうちにちょっとだけでも残るといいなぁという気持ちです。

20161124-201611241606 40_
なんの写真もないのも味気ないので1枚。
ほとんど公開することなく終わってますが高杉ROMのおまけページに入ってます




















以下、私がよく言っている「持病」についてです。







正直、「持病」とかいう言い方してできる限り親しくない人には隠せるなら隠したいと思ってきたし後ろめたい部分もすごくあった。
でも「持病」という言い方をすることによって何となくわかってる人は分かってるだろうなと思うしもう隠してても隠してなくても特に変わりはないよなぁと思うので素直に書こうと思う。

私は躁鬱病でもう10年以上ずっと精神科に通院してるし一生治らない覚悟ももうできている。
そのぐらい具合悪くなり始めてから今まで色々あったからもう治るとか治らないとかの問題ではなくて、いかに穏やかに普通っぽい生活ができるかが全てで治療方法とか考え方とか、こういうのどう?とか言われるのが今となっては1番嫌なことなので、どんな薬飲んでて具合悪い時はこうすれば?とか日光浴びればどうこうとかもうそういうのはいい、必要ない。
それで良くなってるなら10年以上も通院してない。

そもそもなんではっきり言ってなかったのかってやっぱり精神疾患にはまだまだ社会的に厳しい意見が多い。
それでもここ最近は(あくまでも社会全体という意味で)まだ少し言いやすくなったな、とも思ってる。
ただこれは世間がそういう雰囲気になったな、と思うだけで個々の受け取り方や感じ方は人それぞれだろうしやはり社会的に見て厳しい意見があるのも分かる。
その厳しさをやめてくれとかそんなことはもう思ってないし私は「こっち側」になってしまったので、こっち側でそれなりに毎日ちょっといいことあればいいなぁと思いながら過ごしてきた。

それでもやっぱり調子がいい時悪い時があって、ここ最近は年単位で違う。この2年ほどちょっと調子が悪い。
3年前のほうがマシだったと私は感じるけど、周りの家族や友人がどう思ってるのかは分からない。
少なくとも私が体感してる分では、この2年ほどちょっとしんどい。

話が長くなるけど簡単に言ってしまえば私は先天的なものなのでナントカとかいう物質があんまり分泌されない体質みたいな感じではっきりとした原因とかそういうのももう気にしてない。
原因を突き止めたところで完治するわけではないので意味が無いことに気付いたから。
ただ世の中には後天的に私のような症状に似た状態になる人もいるし、私なんかよりもずっと大変な思いをしてる人もいっぱいいると思うけど、だいたい長年苦しんでる人ほど隠す傾向にあると思ってる。

なんで隠すのかって理解されないからの一言で終わるのだけど、私が1番具合悪かった頃は今の「メンヘラ」という言葉が表すものと少し違って、もっと嫌悪の対象のようなものだった。だから隠したかった。
メンヘラ(精神疾患があるという意味)は嫌がられる、という方式が私の中にずっと存在してるし今もある。
それで嫌だなと思う人がいても仕方ないし心身ともに健康じゃないしなんなら金銭的に自立もできていないから、例えばコスプレイヤーのよくある大型合わせの参加条件なんて満たしてない。でも成人してるし言わなければ分からないから言わなかった。

心身共に健康というのは案外ハードルが高い。
目に見えないような内臓系の病気や障害がある人も似たような感じなのかなぁと考えたことはあるけどそこは私は体験したことがないから分からない。
ただすごく個人的なことでもあるし、それによって変に気を使われてしまうのも嫌だなと思うから隠してきた。
なんとなく察してくれてる人がいるのも分かってたしそういう人はいつも何も言わないでくれて本当に感謝してます。ありがとう。
何も言わないという優しさを私は「こっち側」にいない限り気付かなかったかもしれない。
なので本当にそういう人達には感謝の限りです。もし良かったらこれからもその距離でそれなりにでいいので仲良くしてくれるとしぬほど嬉しい。

で、今まさにものすごく具合が悪い。躁鬱病ってものを私自身も未だによくわかってないしコントロールもできないしいつ具合が悪くなって良くなるのかも分からない。
ただ具合が悪い時はだいたい「死にたいと思いながら布団の中で動けない」状態の時。今は布団の中にいないけど社会不適合者だと負い目を感じてなんで私はこんな風になってしまったんだろう、前世で何か悪いことをしたのかなとかそういうことを考えてもう死にたいと思う時が、具合が悪い時。
今がまさにその状態。

不謹慎なことをいうと私は自分が死なない自信がない。だから具合が悪くなると外に出ないで家に篭ってる。
外に出れば家の中より自殺しようと思えば方法は増えるし自室には今は小さな、眉をカットするようなハサミすら置いてない。
自分の部屋が1番死亡率が低いから、だから家の中で過ごしてる。
ここまで対策できるのにかなり年数がかかったけど過去の教訓もあるし、簡単に死ねないのも分かってるし、いい加減情けないにも程があるだろと思い止まれるぐらいではある。

つまり昔は思い止まれなかった。
正直今はあの時に死ねてれば良かったなと思うけど死んでたらFF15できてないから生きてて良かったのかなとかそんなレベルで生死を考える時点で具合は良くないし悪いんだろうなと思う。
だからってどうしようもないので思考が緩やかになるような処方されてる薬を飲み続けるしかない。常備薬として飲んでる分では効かないので頓服を飲み続けている。
高熱が出た時に解熱剤を飲むのと同じような感覚。
頭痛がひどいから鎮痛剤を飲むのと同じように感情の波が緩やかになってくれーと思いながらここ数日ひたすら処方の範囲内を飲んでるので、ものすごく集中力が落ちる。
FF15しててもノクトすぐしんでる。でもゲームがあってくれてよかったなぁと心底思う。
なので実はこの10数年が一番ゲームよくやってる理由でもあったり。

ものごとをあまり深く考えれなくなるのは薬のおかげでありがたいのだけど、その分注意散漫になったりふらつき、目眩なんかが副作用でよくある。
あと眠い。常に眠い。物忘れもすごくする。
いわゆる安定剤って心を落ち着かせるというよりは思考を鈍らせるものなので自分で鏡を見て「あー、やっぱりこの顔になってる」と思うような独特の生気のないような表情してたり、話題が散漫したり。でも家の中で過ごすだけなら特に問題はない。
ゲームの中でしんでもコンティニューできるので別にそれは構わない。

恥ずかしながら、私は具合が悪くなると死のうとする。簡単に死ねないのは分かってるけど今できる範囲で死のうとする。
例えば心臓を刺せば死ねる、でも自分で刺すことはできなさそう、部屋にハサミすらないのなら台所や作業してる道具箱にあるもので、と思うけど家族も私が具合が悪くなってから長いので色々理解してくれていて、そういった刃物や傷つけそうなものは隠してくれている。

だから今のところ特に何もない。ただぼおっとしてるだけ。
ぼおっとしてるのが続いてくるとだんだん死のうとすることを忘れる。忘れるのが1番いいからそれでいいので、今のところ特に何もない。
ただ情けなくて虚しくて悲しくて何してるんだろうな、こんな年齢になってまでいつまでも変われずにまた具合悪くなって振り出しに戻ったような気がして落ち込んで、とかそういうことを考えてたり、何も考えてなかったり。
自分で「考えるのをやめる」というのも昔に比べてかなり慣れてきて余計なことは考えない、ができるようになった。
だからこうやって今も一応文章は打ててるけど、果たして具合が平常時ぐらいに戻った時に読んでどう思うのか分からないけど。

そんな風に死にたいとか思いながらも世間に未練タラタラで好きで仕方ないものもあるしそれを諦めないと生きていけないのもすごくつらい。
何よりも1番しんどいのが、この「諦めるしかない」ことで、今日もずっと楽しみにしてたライヴ行くのを諦めた。
私にとってこの夏一番の楽しみだったので、行けなかった、諦めるしかなかった状態はすごく悲しい。
ただ悲しくて情けない。その程度のことすらできないことが情けなくて悲しくてつらい。
なのに薬飲んでるからかそこまで深く考え過ぎないからまぁ大丈夫。そしてこれは今回だけじゃないし今までも何回もあったしきっと今後生きて行く上で何回もあるんだろうなと思うと私の人生は諦めることでしか成り立たないのかな、と最近よく考えるようになった。
そんでもってライヴみたいにこの日この場所この時間と決まっているようなものを諦めて避けて違う楽しみを見つけようと色々自分なりにやってきたつもりだけど、それでもどうしてもこの人の音楽だけは私にとって本当に大好きで救いではないけど支えのようなもので、だからできる限り他は諦めて避けてきたのに今日行けなかったから、こんなことなら他のことしとけばよかったな、とも思う。
それでもきっとこれからもこの人の音楽だけは諦めきれないんだろうな。悲しいけど好きだからこそ悲しくなるんだなと思えば割と落ち着く。

そんなわけで私はメンヘラで、他人を寄せ付けないようにしてきたし今も距離を詰められると全力で離れようとするし自分なりに距離を埋めたい人には少しずつ歩み寄ってきたつもりです。
それが何も言わないでいてくれる友人だったり顔も知らないオンライン上の人だったりする。

「病んでる」とかそういうニュアンスの言葉はどうしても使いたくないのと昔と今ではメンヘラの意味するものが少し変化してるし、鬱という言葉が示すもの、それをどう感じるのかも人によって全然違うけど私にとってはそういった意味合いの言葉やマイナスな言葉イコール人生なんだな、とさっき気付いた。
そのことに対して落ち込んだりはないしむしろしっくりきたから、これからはそう思ってやり過ごすかなぁという考えに至った。
病んでて鬱でメンヘラで闇を抱えてるとか自分ではそんな風に思ってないけどそう他人に思われても仕方ないしその言葉の使い方がその人にとって悪気がないのならそれも仕方ないな、と今ならそう思える。

でもそんなしんどいこといっぱいで諦めてばっかりの情けない人生が私で、私はそれを受け入れるしか生きる道はないのできっとこれからもそうやって過ごしていくんだろうなぁ。
早く寿命が来て欲しいなとか不謹慎なことも思うし、生きたいと思う人に使える臓器全部あげて安楽死したいとか何億回思ったのか分からないけど、生きてるから仕方ないんだよな、生きてることを諦めて受け入れて生きていくしかないんだな、と。

面倒な奴ですが元気な時は別に対してそんなに問題ないと思うので、その時は相手してもらえると嬉しいです。
なかなか言葉にできないしうまく言えないけど、多分いいところもあるだろうし悪いことばっかりでもないと思うから、明日の自分に期待。

ただ色んな作業にはものすごく影響出てしまってて計算できないとか集中力の低下と何より刃物扱うのはやめといたほうがいいと自分で判断してるので、造形関連の完成時期が遅れてばかりで申し訳ない限りです。
もう少しまとまった文章を読めるまで集中力が回復したら個別にご連絡させてもらいます。

隠してて後ろめたいのももうやめたかったから思い切って書いたけど正直これを読んでる人が何人いるのか分からないしここまで読んでくれる人がどれだけいるのかも分からない。それに反応もものすごく怖いし予想つかないけどでも自分なりに考えた結果、そのぐらいびしっと覚悟決めてちゃんとまっすぐ向かい合いたいなと思って。
さて本格的に眠くなるまでもう少しFF15やるかな


以下、追記
コメントくださってた方がどなたか分からなかったけど、なんとなく予想して。

待ってくれるの言葉がどれだけ嬉しいか本当に説明しきれないですが、何より読んでくれてそれでもってコメントまで残してくれてありがとうございます。
生きてれば色んなこといっぱいあるから、病気じゃなくてもしんどいこともあるだろうしとりあえず今できることをできるだけがんばる!そしてがんばりすぎない!

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さやや

Author:さやや
銀魂、the god and death stars、あいえさん、ゲーム、コリラックマが好き。最近は撮るほう8割。日々なんかつくってる。更新率を上げようと頑張ってるけど書くネタがあんまりない2017

本家サイト Project 490

リンクについて(サイト兼用)

製作過程とか速報とか↓


一番更新してる。造形関連はこっちのほうが色々書いてる

こっちでもよろしく

銀魂コスプレROM


フレンド申請お気軽にどうぞ! コスプレ

最新コメント