記事一覧

血糊の作り方

前からよく知り合いにも聞かれたり、拍手でも質問があったりなので書いておきます
コスプレで血糊を使ってそーいう写真を撮る場合っていうのを大前提で作ってるので完璧さやや流みたいになってますが、レイヤーさんの参考になればーと。

あと、昨日ツイッターでちょっと話になってたのでついでに。
私は衣装の作り方とか小道具の作り方を質問されるの、全然不愉快に思わないです。
むしろ私なんかで良ければ答えるけども、参考になるかどうかは分からんよ・・・!という感じなので
もしここのブログ見てくださってる方でここんところちょこっとだけ良い案ないですかーって場合はお気軽にどぞどぞ!
ただ、あまりにも漠然とした内容だと答えられないです(クラサメさんの衣装の作り方教えてください、とか)
衣装製作に関しては質問されても答えないーっていう方もいますが、私はそうでもないので(でも期待はしないでくれ素人知識のやってみたらできた程度)拍手からどうぞ!
( ^ω^)つ さややに拍手を送ってみる


では話を戻して、血糊の作り方。

【注意すること】

イベント会場、スタジオなどほとんどの場所では血糊の使用はNGです
ロケで使用する際、許可を取る時にも必ず血糊を使用することを伝えた上で使用しましょう
案外地面に落ちてるのに気付かなかったりします。ロケで使用する場合は地面に落ちた血糊を洗い流す用の水やその他掃除できるものもきっちり持っていきましょう!
例として上げてる屋外での写真は、ロケ地に許可を取ってあります。また、ロケ地についての質問は一切お答えできません

では、続きに参考写真も含めて作り方と実際使用した時の写真も置いておきますー
けっこーエグいことになってるので、苦手な方は気をつけてください
んでもって、もし参考になったーって場合は拍手で一言いただけるともれなく喜びます('∀'●)






【流血系のどろっとした血糊】

大量に使う場合は自分で作るほうが安上がりかつ色の調節もできるのでこの方法が一番楽です
が、流血してるっぽい感じになるので乾いた傷跡みたいにはなりません
まず最初に使用例。結構えぐい。
DPP_4009.jpg
銀魂攘夷ROM用の写真なのでサンプルって文字入ってますが。
頬全体と刀の刃部分、衣装にも思いっきりかけてます。頭から半身被ったような状態。
一部はハンズとかで売ってる1000円ぐらいの血糊も使ってますが、この写真に写ってる9割は自作の血糊。

DPP_4014.jpg
こっちの写真は主に衣装にぶわーっとかけてます。どろっとした返り血っていう感じになる。

ということで、この流血系の血糊の作り方

・材料

片栗粉
赤の食紅(気持ち多めのほうがいい)
緑の食紅(ほんのちょっとでOK)

こんだけです。台所にあるもので作れるのと片栗粉もそんなにいっぱいいらないので食紅買ってきたらすぐに作れる。

1.鍋に使用する量の水を入れて、赤の食紅をドバっと入れる
赤だけだと真っ赤なので緑の食紅入れてちょっと赤に深みをつける感じですー
どす黒くしたいならお勧めは墨汁を入れることですが、これすると普段使ってる鍋ではちょっと・・・となるので最後に墨汁ちょっと垂らすとかでもいいかも。お肌の弱い人は荒れる可能性もあるので気をつけてくださいな。私は自分で使うだけなら間違いなく墨汁入れる笑
赤の食紅は水の量に合わせて、水が多ければ多いほどちょっと多めに入れたりして濃さの調節を。
少ないと透明ぽくなったりなので、私は豪快にドバーっと入れている。

2.赤い水をぐつぐつ沸騰するぐらいまで温める
その間に片栗粉の準備。
これも使う量によりますが、適当に感覚でボウルか何かに水を入れて、そこに片栗粉を入れる→片栗粉が固まりにならないように水で溶く
※この時しっかり片栗粉は溶いておきましょう。塊があると最終的にそれが白い塊になっちゃうので。

3.沸騰してる赤い水の中に、水で溶いた片栗粉を入れて弱火でいい感じのとろみになるまでぐつぐつ煮る
別に沸騰するまで温めなくてもいいんですけど、そのぐらいのほうが水溶き片栗粉を入れた時に一瞬で焦げ付いたり固まったりして、血の塊みたいなのができあがったりするので、それはそれでおもしろい。
18287646_org.jpg
魔女の気分である(・∀・)
こんな感じで、とろみが出てくるまで、確認しながら、いい感じになったらこれで終わり。
あとは冷ませばいいので、タッパーとかに入れて水につけておくとオッケーというわけです。

実際手につけて確かめてみると分かりやすい。
18287871_org.jpg
ちょっと赤過ぎるかなー?と思ったら緑の食紅をほんの少しだけ出来上がったところに混ぜてもいいし、私のよーに墨汁でドス黒い色にしてみたりと調節してみてください
ちなみに、肌につくともれなく赤くなりますが台所用洗剤でゴシゴシ洗うと落ちるからそんなに気にしなくてもオッケー

だいたいさややお手製血糊は3色ぐらい作ってます
衣装の色によっては目立たないとか赤過ぎるとかあるので、赤強め、黒っぽいの、とかそういう感じで。
黒い衣装だとほとんど見えないので、塗料使って飛ばしてるほうがいいかなーと。
_MG_3899.jpg
↑これの袖の赤いのは油性の塗料であらかじめ血っぽく飛ばしてあります
他にも背中とか黒い部分は赤の塗料で血ぽくなるようにそれも色味調節してあらかじめ衣装につけている。
けど、これすると衣装から赤いの落ちないので、ボロボロ用とかそうなってもいいわぁっていうのにだけするほうがいいかなぁと。
黒でもどろっとしてるの大量にかけると赤さは見えなくても質感は分かるはず


【傷っぽい乾いた血糊】
これがちょっとめんどくさいけど冬場なら、水あめに赤の食紅と緑の食紅ちょこっと混ぜたらそれで完成する
_MG_0301sa_20121009065750.jpg
指とかにつけるとけっこーリアル。
こっちのほうが質感としてもリアルっぽくて傷らしさも出るし色の調節もしやすいけど、水あめなので夏とか暑い時期は固まらないからあんま使えない+外で使うと虫が寄ってくるから使わないほうがいい笑
真冬で寒い時は一番手軽に作れるのは水のりで火も使わないし本当混ぜるだけでいいから便利です
今からの時期ならいいかも。あと垂れる心配があんまりないので周りを汚す心配もあんまないです

これの腕とか肌につけてる分は全部水あめ製。
DSC08342_20121009070210.jpg
真冬の造船なのでできた。布部分は片栗粉製。
割り箸とか使ってつけると傷らしくなるから寒い時には便利です

で、夏場とか比較的暖かい時に傷っぽいの、乾いたのを作りたい場合は
透明のつけまつげのグルーとか比較的早く固まる水のり→食紅入れて色調節→乾く前につける
だと傷跡とか乾燥した血っぽくなります。透明のつけまつげのグルーは少量しか使わんっていう時にめちゃ便利だぜ!くっつくし、落とす時もぺろんっとめくれるし。
それか東急ハンズとかで売ってる血糊をうすーくつけるとか、黒みを足すのに緑の食紅混ぜると傷跡ぽくなる。

こんな感じで私は作って使ってますー


なんやかんやで作り方の説明書きましたが、一番の注意事項はやっぱり使う場所と使用する際のことかな、と。
必須なのはウェットティッシュ、メイク落とし(できればクレンジングで顔洗っちゃうほうが早い)、地面を汚す可能性があるので洗い流せる量の水道水とか、川でロケの場合はバケツとか、色々ちゃんと準備して荷物多くなるけどつける時はブルーシートの上でつけるとかして汚さないようにして使用するとか、やってることが「異質」という意識を持ってやらないとなぁーとこの記事書きながら改めて思いました。
他の人が見たらまじで血痕みたいに見えてもおかしくないし、万が一ロケをしてる時に人が通りかかったら、模造刀でも刀持ってるし血まみれ!ってびっくりする人のほうが絶対多いので、その辺りだけ注意して気をつけようと改めて思いました。

てなわけで、少しでも参考になれば幸いです。
あくまでもコスプレで使う血糊っていうことで作り方書きましたが、舞台とかちょっとした映像作品撮る時にも使えると思いますー

その他質問とか感想とかコメントなんでもこちらからどうぞ('∀'●)つ【拍手はコチラから


早寝しようとしたのに寝れず朝になってしもた・・・('A`)
関連記事

プロフィール

さやや

Author:さやや
銀魂、the god and death stars、あいえさん、ゲーム、コリラックマが好き。最近は撮るほう8割。日々なんかつくってる。更新率を上げようと頑張ってるけど書くネタがあんまりない2017

本家サイト Project 490

リンクについて(サイト兼用)

製作過程とか速報とか↓


一番更新してる。造形関連はこっちのほうが色々書いてる

こっちでもよろしく

銀魂コスプレROM


フレンド申請お気軽にどうぞ! コスプレ

最新コメント